自律神経失調症の症状と治し方

なんだか最近、やる気が起こらない

頭痛や吐き気もあって辛い

時には不安な気持ちが襲い掛かって家から出ることができない時も

病院に行くも、身体に異常は無いと言われた

 

このように、症状は出ているのに原因が見つからない場合は自律神経失調症かもしれません。

今回はそんな自律神経失調症の症状とその治し方にはついてご紹介します。

 

 

自律神経失調症とは

悲しい 女性

 

自律神経失調症とはその名の通り、身体の生命活動の調整する自律神経が乱れ、様々な症状を起こす疾患です。

 

自律神経の具体的な働きと言うと、自分自身でコントロールできない心拍や消化、血圧、体温の調節などを行っています。

 

この自律神経が乱れてしまうと、だるさや倦怠感といった全身症状、頭痛や吐き気といった身体症状、そしてやる気が低下したり、不安に襲われるといった精神症状が現れてきます。

 

このように症状が出るものの、病院で検査を受けると身体の器質的な異常は認められず、原因不明とされることがほとんどです。

 

 

また、自律神経失調症と似た疾患もいくつかあり、それと間違えられることもあります。

間違えられやすい疾患がこちら↓↓

 

  • うつ病:無気力・無関心の気分や落ち込んだ状態が長く続き、生活や仕事に支障をきたす
  • 全般性不安障害:漠然としごとや生活、経済状態について、過度に悲観的に考えてしまう
  • パニック障害:突然強い不安感や恐怖に襲われ、激しい動機や呼吸困難が起こる
  • 適応障害:日常的な変化への適応期に抑うつ症状や不安症状が生じる
  • 強迫性障害:自分の意志とは関係なく、衝動的にある思考が浮かび、制御困難になる

このように自律神経失調症症とにた疾患もありますので、その判別も必要です。

 

では、自律神経失調症の症状を詳しくご紹介します。

 

自律神経失調症の症状

不眠症

 

自律神経失調症の症状には大きく分けて全身症状、身体症状、精神症状の3つのタイプがあります。

 

全身症状

・熱っぽさ、だるさ

・倦怠感

・寝つきが悪い

・食欲不振

・ふらつきがある

 

身体症状

・めまい、片頭痛、立ちくらみ

・耳鳴り

・目の疲れ

・手のしびれ、手足冷え

・息切れ、動悸・筋肉痛、肩こり、腰痛

・じんましん、かゆみ、汗をかきやすい

・便秘。、あるいは下痢をしやすい、お腹が張る

・慢性胃炎、腹部膨満感、吐き気

・頻尿、残便感

・月経前の不調、月経痛

 

精神症状

・イライラする

・何もやる気が起きない

・喜道が沈むこと続く

・集中力の低下、記憶力の低下

・不安な気持ちになる

・緊張しやすい

・産後のうつ気分

 

これらの症状は一定しておらず、複数同時に起こることもあります。

個人差も大きく、その日の気分や性格、体質によっても影響されます。

 

また、日常生活でおこりうる症状が多くありますんので、自律神経失調症だと気づかない方も少なくありません。

 

ですが、症状が重くなってしまうと、仕事や学校など日常生活にも支障をきたしてしまいますので、そうなる前に対処してあげなければなりません。

 

自律神経失調症の治し方

ランニング男性

 

では、自律神経失調症を改善するにはどうしらたらいいのでしょうか?

それは自律神経のバランスをとる生活をすることです。

 

ですが、皆さんは知らず知らずに自律神経失調症を起こす生活をしてしまっているのです。

 

なので、自律神経失調症を起こす原因をきちんと把握して対処しなければなりません。

 

では、どういった生活がポイントとなるのでしょうか。

 

①睡眠:質の良い睡眠が取れているか

夜更かしや寝る前にスマホやパソコンを見ている生活では質の良い睡眠がとれません。

 

②食事:3食バランスよく取れているか  

自分の好きなものばかりで、栄養が偏っていては身体の回復力も低下してしまいます。

 

③休息:定期的な休息が取れているか、リラックスタイムを設けているか

仕事が忙しすぎて、体をしっかり休められないと交感神経が優位になり自律神経が乱れてしまいます。

 

④運動:適度な運動をできているか

過剰な運動は身体に負担をかけてしまいます、ですが運動不足も身体によくありません。

 

自律神経はこういった日常生活のの方によってバランスが崩れてきます。

ですので、上記で何か当てはまることがあれば1つずつ改善していきましょう。

 

複数ある場合、一度に全部改善していくと”心のストレス”となって逆効果になる場合ありますので、できることからやっていくのが大切です。

 

自律神経失調症は、自分と向き合うことで改善は可能です。

突然、緊張や恐怖に襲われたり、なかなか治らない症状に対する不安が出てくると思います。

 

ですが、それはあなたの身体をまもるための体の反応です。決して悪いものではありません。

なので、症状が現れても心配しなくて大丈夫です。きちんと自分と向き合っていけばよくなりますよ。

 

では、最後に自律神経を整えるストレッチをご紹介します。

 

自律神経を整えるストレッチ

 

では、自律神経を整ええるストレッチをご紹介します。

 

まず一つ目は、「猫・犬ストレッチ」です

 

①床に両手、両膝をつき四つん這いになる 背中はフラットの状態にしておく

②息を吐きながら、骨盤から背中を丸めていく

③息を吸いながら、骨盤から腰を反らしお腹が床に近づくようにする

※この時首に負担がかからないように、頭は上に上げ過ぎないように注意

ゆっくり呼吸を繰り返しながら3セット行う

 

2つ目は「蝶のポーズ」です。

①床にお尻を付けて座る

②両脚の裏をせた状態で、股関節に引き寄せます

③両手を組んで、足先を包むようにします

④息を吐きながら、体を前に倒して聞きます (この時、尾骨から背中かけて伸ばしていきます。)

⑤この状態を10秒キープします

⑥キープしたら、息を吸いながらゆっくり元の状態に戻ります。

 

まとめ

自律神経失調症は、自分と向き合うことで改善は可能です。

日常生活の過ごし方から、まずは見直して少しずつ1つずつ改善していって下さい。

必ず良くなるので、決して不安がらず、怖がらないで過ごしてくださいね。

 

大阪で自律神経失調症でお悩みの方