起立性調節障害の原因はストレスだった!?

子どもが急に朝起きれなくて、学校に通えなくなってしまった

午前中は体調がすぐれないのに、夕方ごろになると元気になる

お子さんがこのような症状でお困りの親御様はいませんか?

 

もしかしたら、それは起立性調節障害かもしれません。

そして、その原因はストレスが関係していることも。

今回は、そんな起立性調節障害とストレスについてご紹介します。

 

●起立性調節症害とは

ふらつき

 

まず初めに、起立性調節障害についてご紹介します。

起立性調節障害とは、血圧を調整する自律神経が上手く機能しなくなることで、血圧の調節障害が起こる疾患です。

 

自律神経とは、自分の意志ではコントロールできない血圧や呼吸、消化、体温調節など人間が生きていくうえで重要な機能をコントロールしてます。

 

 

自律神経が血圧の調節をきちんとできなくなると…

  • 朝起きれない
  • 長時間立っていられない
  • 起立時に立ちくらみやめまいが起こる
  • 動悸や息切れ
  • 午前中は体調がすぐれないが、夕方になると元気になる
  • 頭痛
  • 疲れやすい

 

このように、本人にとってはとても辛い症状が現れます。

 

ですが、それを理解してくれる人は少なく、朝起きれずに学校に遅刻、または行けなくなったりする事で「怠けている」「甘えている」と勘違いされ、叱られ、無理やりでも学校に連れて行かれるお子さんもいます。

 

ですが、これは決して「怠けや甘え」ではなく、自律神経がきちんと働かなくなることで起こるのです。

 

そして、その自律神経が上手く機能しなくなる原因で多いのが「ストレス」。

 

では、次に起立性調節障害とストレスの関係についてご紹介します。

 

●起立性調節障害とストレス

 

慰める

 

起立性調節障害は自律神経が上手く働かなくなることで起こると言いました。

そして、その原因で多いのが「ストレス」です。

 

では、このストレスと自律神経がどう関係しているのかをお伝えしていきます。

 

まず、自律神経は人間の「活動時に働く交感神経」と「休息時に働く副交感神経」があります。

 

そして、人間にストレスがかかった時、そのストレスから身体を守ろうと自律神経のうちの交感神経が働きます

 

ですが、過剰なストレスを抱えてしまうと、交感神経が優位になり自律神経のバランスが崩れてしまいます

 

それにより、血圧の調整が上手くいかなくなり起立性調節障害が起こります

 

特に真面目な子気を遣う子はストレスをため込みやすいので要注意です。

 

その他のストレスを抱えこみやすいタイプがこちら↓↓

  • 内向的
  • 子供の頃から聞き分けが良い
  • 自己主張が苦手
  • 一つのことをくよくよ考えがち
  • 集団生活が苦手
  • 空気を読みすぎる

 

このようなタイプの子は、自分自身でうまくストレスを発散できないので、ストレスを発散できる環境が必要になります。

 

ですので、お子さんの話をしっかり聞いてあげてストレスを解消してあげて下さい

 

では、次に自律神経を整える生活についてご紹介します。

 

●自律神経を整える生活

 

起床 女の子

 

起立性調節障害は原因となるストレスを解消することは大切です。

 

ですが、自律神経はストレスを解消するだけではなく生活の仕方も大事になってきます。

 

それは何かと言いますと…

  • 生活リズムを整える
  • バランスの良い食事をする
  • 適度な運動を行う

では、1つ1つ解説していきましょう。

 

①生活リズム

 

生活リズムとは、起床・食事・睡眠のことを言います。

この生活リズムは自律神経も深く関係しています。

 

例えば、朝お日様の光を浴びて起きると、交感神経が働き人間の活動を支えます。

そして、夕方になると副交感神経が優位になり身体を休ませる状態になるという、リズムがあります。

 

しかし、夜更かしをしたり昼夜逆転の生活をしたり、食事の時間が毎日バラバラだったすると自律神経の働く時間もバラバラになり、自律神経が乱れてしまいます。

 

 

②バランスの良い食事をとる

 

バランスの良い食事をすることは、身体にとって健康的で、胃腸の負担も軽減されます。

胃腸は自律神経がコントロールをしていますので、胃腸ので状態が悪くなってしまうと、自律神経に影響を与えます。

 

ですので、好きなものばかり食べている脂っこい物甘い物が多くて、野菜や果物が少ないといった食生活は胃腸に負担をかけ、自律神経を乱してしまいます。

 

③適度な運動を行う

 

適度な運動は、自律神経がバランスよく働きます。

例えば、普段行っている呼吸。これは吐く時と吸う時で働く神経が変わります。

吸う時は交感神経が働き、吐く時は副交感神経が働きます。

 

ですので、ウォーキングや水泳など酸素を必要とする有酸素運動自律神経に刺激を与えてバランスを整えてくれるのです。

 

ですが、普段運動しない方は呼吸が浅くなりがちで、肩で呼吸をする方が多くなります。

そうすると、自律神経がバランスよく働けず、自律神経が崩れやすくなります。

 

 

以上の事にも気をつけながら生活して下さいね。

では、最後に自律神経を整える呼吸法をご紹介します。

 

●自律神経を整える呼吸法

 

では、自律神経を整える呼吸法をご紹介します。

 

まずは、「鼻呼吸のエクササイズ」です。

そもそも人間は鼻で呼吸をするのが普通です

ですが、最近では口呼吸を行っている方が多く、口呼吸では様々なデメリットがあります。

唇がカサカサになったり、口が乾燥して感染しやすかったりと良くありません。

ですので、まずは鼻で呼吸する様に心がけましょう。

①鼻で息を吐ききって、3秒息を止めます

②止めたら、10秒間鼻で呼吸を行う。

これを10回行う

 

 

2つ目は「腹式呼吸のトレーニング」です。

お腹でしっかり呼吸できるようにトレーニングを行って、自律神経を整えましょう。

 

①片方の手を胸に置き、もう片方の手をおへそより上のところにおきます。

②鼻で息を吸ったときに、お腹が膨らみ、吐くときにお腹がへこむ感覚を覚える

この状態で鼻呼吸を10回行う

③お腹を圧迫させた状態で、鼻呼吸を10回行う

④吐く時間を長くして、吸う量を少なくし少しきつめの状態で鼻呼吸を10回行う

普通の呼吸を10回

お腹を圧迫して10回

呼吸の量を変えて10回

これを一日1セット行って下さい。

 

●まとめ

起立性調節障害は、自律神経が上手く働かなくなる事で起こりますが、それはストレスによっても起こります。

ストレスをきちんと発散できる環境が必要です。

まずは、話を聞いてあげて心の負担を取り除いてあげましょう。

あとは、一緒に生活の仕方に気をつけながら過ごしてくださいね。

 

大阪で起立性調節障害でお悩みの方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加