パニック障を薬を飲まずに治す方法

パニック障害で外に出れなくて困っている

薬を飲むも効果はでないし、副作用による症状がつらい

どうにか薬を飲まずに治す方法はないのだろうか?

 

このようにパニック障害でお困りの方はいませんか?

そんな方にパニック障害を薬を飲まずに治す方法をご紹介します。

 

●パニック発作とは

160dfcfad2a393460c5c0631eddd0b02_l

 

まず、パニック障害についてご紹介しますね。

 

パニック障害は大きく3つの症状に分けられます。

 

それがこちら

①パニック発作 ②予期不安 ③広場恐怖 

この3つの症状が合わさってパニック障害となります。

 

具体的な症状をいいますと、

 

①パニック発作

突然激しい動悸呼吸困難に襲われ、「このまま死んでしまうのではないのだろうか」と強い恐怖心不安感に陥ります。

ですが、命を落とす危険性はなくパニック発作自体は10分~30分に収まります

パニック発作自体は3人に1人が体験していますが、これを繰り返してパニック障害に至るのは100人の内3.4人と少ない割合です。

 

②予期不安

パニック発作を経験することで、また同じように苦しい思いをするのではないのかと、パニック発作に対する不安感を感じます。

 

③広場恐怖

パニック発作が起こった場所や、人通りが少なくパニック発作が起こった時に助けを呼べない場所や電車やスーパーなどの人通りの多いところなどに行けなくなり、家から出ることが困難になります。

 

この3つの症状が順番におこることで悪循環となり、場合によっては仕事や学校に行けなくなったりなど日常生活に支障が出てきます。

 

 

では、次にパニック障害に用いられる薬とその作用についてご紹介します。

 

●パニック発作と薬の作用

薬を飲む人

 

では、パニック発作に使用される薬と作用をご紹介します。

パニック障害で使用される薬は主に「抗うつ薬」と「抗不安薬」の2つになります。

 

では、それぞれどんな作用があるのでしょうか?

 

抗うつ薬

★SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)

 

不安や気分の落ち込み、無気力は脳内にセロトニンという神経伝達物質が不足することによって起こるとされています。

 

ですので、そのセロトニンが再び細胞に取り込まれないように、脳内のセロトニンを増やす薬がこのSSRIになります。

 

主にうつ病で用いられますが、パニック障害にも使用されます。

 

症状としては、パニック発作が起きなくなっても、発作に対する不安や恐怖感、それによって電車に乗れない、人ごみの中に行けない、などの「予期不安」や「広場恐怖」に対してこの薬は効果的です。

 

この薬を使用することで、徐々にパニック発作に対する不安や心配、こだわりが薄れていきます。

 

抗不安薬

★ベンゾジアゼピン系抗不安薬

パニック発作」にも「予期不安」にも有効で、かつ効果の発現が早く確実なことが特徴

 

ソラナックス(コンスタン):すぐに効果が現れるが、消失も早い(1日3~4回)

ランドセン(リボトリール):効果の持続が長く1日の服用は1~2回で良いとされている

これらの薬は、抗不安作用のほかに、催眠鎮静作用筋弛緩作用抗痙攣作用などがあります。

 

以上がパニック障害で使用される薬になります。

ですが、薬を服用しても効果があまりない、薬の副作用で辛い思いをしている方がいらっしゃると思います。

そこで、次に薬を飲まずに治す方法をご紹介します。

 

●薬に頼らず治す方法

起床 男性

 

最初に結論から言いますと、薬に頼らずにパニック障害を治す方法はあります。

 

それは、生活習慣にあります。

  • 生活リズムを整える
  • 偏った食事をしない
  • ストレスをため込まない

この3つを気を付けましょう。

では、詳しくご説明しますね。

 

①生活リズムを整える

まず、パニック障害が起こる原因は自律神経の乱れによります。

 

自律神経は、循環や呼吸、消化、体温調節などの生命を維持する機能をコントロールする神経です。

そして、このうちの交感神経が優位になると、動悸や呼吸や呼吸困難などのパニック発作を起こします。

 

この自律神経が乱れる1つに、不規則な生活があります。

夜更かしして朝起きるのが遅かったり昼夜逆転の生活をしている方は注意です。

 

夜はしっかり寝て、朝は太陽の光で起きることが理想的です。

 

②偏った食事をしない

自律神経は胃や腸などの消化器系のコントロールも行っています。

 

甘いものの食べ過ぎ脂っこい物の食べすぎコーヒージュースの飲み過ぎなどは胃腸に負担をかけて、自律神経の働きを悪くさせます。

 

ですので、日本人なら和食を中心に規則正しい食事を心がけましょう。

また、なるべく身体を冷やすものではなく、身体を温める食材、料理にすることをおすすめします。

 

③ストレスをため込まない

パニック障害になりやすい方に多いのが「ストレス過多」です。

 

普段からまじめ几帳面な方はストレスをため込みやすく、パニック障害になりやすい傾向にあります。

 

とてもまじめで几帳面なのは良いですが、たまには気楽に過ごしてみることも大事です。

 

中には仕事や家事、育児で毎日忙しくて息抜きが出来なという方もいらっしゃると思いますが、そんな時ほど自分の時間を見つけて休むことが大事です。

 

誰かに相談したり、誰かに頼ってみてはいかがでしょうか?

そうしながらストレスをこまめに発散していきましょう。

 

では、最後にパニック障害に効果的なストレッチをご紹介します。

 

●パニック障害に効果的なストレッチ

 

では、パニック障害に効果的なストレッチをご紹介します。

パニック障害の方は、心身共に緊張していることが多く、全身がガチガチであることがほとんどです。

 

そこで効果的なのが、ストレッチです。

ストレッチを行うことで、心はリラックスし、身体の緊張もほぐれます

毎日行ってパニック障害の改善につなげて下さい。

 

背中と肩のストレッチ

①椅子に座って、背筋を伸ばす

②両手を組んで、頭の後ろにもってくる

③両肘を後にそらし、胸を張る

④気持ち良いところで止めて、20秒キープする

⑤キープしたら、息を吐いて力を抜く

 

 

背筋のストレッチ

①椅子に座って、背筋を伸ばす

②両腕を前に伸ばした状態で、両手を組む

③息を吐きながらゆっくりと腕を前に伸ばし背中を丸めていく

(視線はおへそを見るようにする)

④気持ち良いところで止めて、20秒キープする

⑤キープしたら、息を吐きながら力を抜く

 

●まとめ

パニック障害を薬で治すことは難しいです。

そこで、重要なのが生活習慣です。自律神経を乱す生活を行っていませんか?

夜更かしをしたり、偏った食事、ストレスを溜め込んだりはしていませんか?

 大阪でパニック障害でお困りの方